トップページサービス/サポート > 鈑金・フレーム修正

鈑金・フレーム修正

事故などによってダメージを負った車体骨格部を熟練工の技術やフレーム修正機で修復を行います。

米国ベアー社製のピット式フレーム修正機は、昭和54年に導入して以来、長年「大型トラックのフレーム修正はアタゴに行けば出来る」と大分県内外のお客様より持ち込まれた数多くの車輌を修復して参りました。

車体骨格部(フレーム)損傷の要因

  • 事故による損傷・・・衝突事故や横転事故による変形修正
  • 腐食による損傷・・・塩害等による強度低下対策
  • 荷役による損傷・・・許容能力を超えた負荷によるねじれや折れの修正
  • 老朽化による損傷・・・金属疲労や荷重負担による亀裂や歪みの修正
車体骨格部(フレーム)損傷
車体骨格部(フレーム)損傷
車体骨格部(フレーム)損傷
車体骨格部(フレーム)損傷
車体骨格部(フレーム)損傷
車体骨格部(フレーム)損傷
車体骨格部(フレーム)損傷
車体骨格部(フレーム)損傷
このエントリーをはてなブックマークに追加