トップページ技術情報 > リニボとは?

リニボとは?

リニボとは,老朽化したトラックボディ-を再生することで地球にやさしく持続可能な技術商品であり。トラックボディ-リニューアルを省略した名称になります。

リニボ近年の世界的な環境、安全基準は持続可能な社会を実現する為に進化していく必要があります。そのような背景の中で私達が今できることはなにか?
その考えの中で生まれたトラックボデーリニューアル「リニボ」は使用済みトラックのボデー(荷台部分)を復元、再生、刷新されることで、ユーザーの課題を解決させるだけでなく、車体の寿命を延ばし、新車製造時に比べ約90%もの資源を削減させることが可能です。また、蘇った車体に数々のお客様から感動の声をいただいております。

トラックボデーリニューアル

リニボの必要性

トラックボデーリニューアルの必要性

グッドデザイン賞審査委員から頂いた評価コメント

トラックボデー(荷台部分)をリニューアルすることで耐用年数を伸ばし、環境負荷の大幅な低減を実現したことと、循環型社会実現に向けた再生技術を確立したことを高く評価した。
ボデーにはエンジンやそれに伴う排気系がないことから、新車への更新による燃費向上や環境負荷低減などのメリットは少なく、再生による効果がより高くなるという着眼点もすばらしい。
錆の除去や車体の補強、防錆対策と塗装までを一貫して行うだけでなく、ボデ-製造メーカとの業務提携も行い、法令を遵守した上で新車同等の状態まで復元できる技術には多くの点で独自性が認められる。

生まれ変わる愛宕の技術力

これまでトラックシャ-シと共に廃棄されてきた車体達は少なくなく、まだ、活用できる可能性を残しながら修理を繰り返して廃棄の一途を辿っています。その一方で、正しい知識と技術を用いて復元・再生された車体は、長年使用されていた専属ドライバ-の方や車両を保有する経営者を「まるで新車にもどったかのようだ!」と感動させ続けています。

中心の矢印を左右にドラッグすることで、施工前と施工後の様子を切り替えてご覧いただけます。

キャリアカー(車載車)のリニボ

施工前
施工後

エコロジーボックスのリニボ

施工前
施工後

重トレ(重機運搬用トレーラー)のリニボ

施工前
施工後

湿塩散布車のリニボ

施工前
施工後

CO2削減率

新品の車体を製造した場合と比べると使用する資源を90%削減することでCO2の削減が出来ます。

新車入替時とトラックボデーリニューアルを比較した場合のCO2削減率

CO2削減率

このエントリーをはてなブックマークに追加