トップページ採用情報 > 先輩社員の声(岡島 健)

先輩社員の声(岡島 健)

先輩の声を通じて、実際の業務内容を紹介します。仕事の魅力や今後の目標など、ぜひ参考にしてみてください。

車も好きだし、ここでしか出来ない仕事が出来る!
入社 2013年/中途採用(大分県出身)
最終学歴 久留米工業大学 交通機械工学科
社歴/資格 入社後、フロントマンとして接客を担当。その後、部品資材の管理・設計も兼務として担当。その他、新商品の研究、開発を行っています。
自動車整備士2級、危険物取扱者乙4他、第2種電気工事士
趣味・特技 ドライブ

現在の仕事内容は?

解決策を見つけて、現場のスタッフへ正確に伝える

現在の仕事内容は?フロント業務をしています。お客様の「こんな機能が欲しい」「車が故障して困っている」といったお悩みから解決策を見つけて、現場のスタッフへ正確に伝えるのが私の役割です。
私自身3DCADで設計などもしますし、フロント業務以外にも部品資材の管理もしているので、お悩みを聞いたその場でパッと解決策をお見せ出来るのが特徴です。

愛宕自動車工業を志望した理由は?

「トラックの架装」というのを見つけて。なんだこれは!?

愛宕自動車工業を志望した理由は?もともと大阪にある自動車会社で車輌の設計を6年半していました。ただ、地元で仕事をしたい! という気持ちが強くなって・・・地元に帰って求人を探していたら、「トラックの架装」というのを見つけて。なんだこれは!? と思ったのがきっかけですね。

前職では普通車輌を扱っていた分、自分の地元でこんなに大きなトラックを整備したり改造したりする会社がある、ということにすごく衝撃を受けたんです。車も好きだし、ここでしか出来ない仕事が出来る!  そう思って、すぐに面接を受けに行きました。そしたら、熱意が通じたみたいで一発で合格を貰っていまに至ります。

仕事の魅力・やりがいについて教えてください。

他の会社では出来ないオンリーワンの仕事

トラックの架装や修理、オリジナルパーツの設計、新商品の研究・開発を通じて他の会社では出来ないオンリーワンの仕事が出来ることです。フロント業務を任されるようになってからは、お客様の悩みを解決出来る車輌が、自分が関わった設計通り、組み上がって行くのがわかるので、それが非常に楽しいです。前職では設計だけをしていてお客様と関わることがなかったので、自分の仕事がダイレクトにお客様に届くことにやりがいを感じます。

将来の夢や目標を教えてください。

将来的には、自分が設計した車輌を全国で活躍させたい!
そう考えています。

仕事の大変なところを教えてください。

常に勉強が必要なところ

トラックのような大型車輌と一般車輌は構造が全然違うので、構造の違いを把握するまですごく大変でした。それに、お客様がどんな悩みを持っているのか、どういう仕様ならうちの技術で実現出来るのかといったことも考えなくてはならないので、常に勉強が必要なところですね。


出社

朝一番でミーティングがあることも。その日の業務内容や、各作業員の作業内容を聞き漏らさないようチェックします。大体、1日から1、2週間先までの作業工程を決めているので、作業の遅れがないか等確認しながら進めて行きます。仕事内容に関しては、指示書など書類を作ることで指示に行き違いがないように工夫しています。

午前中 部品資材の管理やフロント業務

整備や車体製作に必要な部品資材は朝届くので、届いた部品資材は全てチェックです。フロント業務担当として、お客様からお悩みや修理希望を聞きつつ、解決案を出したり大体の納期を見せて承諾を得たり、無理のない範囲で調整をします。

午後 部品資材の管理やフロント業務

午後 部品資材の管理やフロント業務午前中に引き続き、部品資材のチェックやお客様への対応、また、必要な部品の発注などを行います。連絡は密に、迅速に行うべし。作業に遅れが出ないよう、お客様と現場との間を走り回ることもしばしばです。

空いた時間を使って、CADで車輌の設計や新しい商品開発計画の原案を作ったりしています。作ったものは現場の人たちと話をしてブラッシュアップしたり、実際に設計通りに作ってもらって試作品をチェックしています。

最後に、就活生へのメッセージをお願いします。

この会社には、この会社だからこそ出来る仕事

最後に、就活生へのメッセージをお願いします。大型車輌を扱ってみたい。自動車関係の仕事で、他の会社ではやっていないようなことをやってみたい。そんな思いがある人には最高の職場です。

この会社には、この会社だからこそ出来る仕事しかありません。現場で必要なものを自分から学んでいくやる気と、やりたいことをやりたいといえる元気のある人と、一緒に働きたいですね。

休日やプライベートの過ごし方は?

仕事の日は仕事、休みの日は休みとメリハリつけた生活を心がけています。親子でドライブに行ったり買い物に行ったり、ゆっくり過ごしていることが多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加